前へ
次へ

交通事故に気をつけて車を運転する

高齢ドライバーが事故を起こす件数がここ最近増加していることがニュースで報道されていますが、自分は大丈夫だと思って自動車を運転することほど危ないことはないです。
何十年も自動車を運転していて一回も事故を起こしたことがないと自信がついて絶対に自分だけは大丈夫だと思ってしまう人がいますが、この考え方が大変危険なのである程度年を取ったら免許を返上した方が無難です。
交通事故を起こしてしまうと自分だけではなく家族や他人も傷付けることになり良いことは一つもないので、万が一のことを考えて行動することが大切です。
私の祖父も80歳を過ぎた辺りから免許返上を考えるようになったのですが、今まで毎日のように運転をしていたので自動車を手放すのは辛くなかなか決心が付かなかったようです。
しかしこのままだと良くないと思い私達家族が説得した結果免許を返上してくれたので良かったですし、慣れればなんてことはないと祖父は今活き活きと生活しています。
交通事故の件数は一昔前に比べたら減っているとはいえ毎日のように事故が起きているので、外出する際には車に十分に気を付けて行動する必要があります。
特に小さな子供の場合はいきなり道路に飛び出すこともあり危険なので、必ず大人が見守るようにして事故に巻き込まれないように十分に注意することが大切です。
ただ不運にも交通事故に巻き込まれてしまう場合がありますがその時は加害者側と損害賠償などのことでよく話し合う必要がありますが、話がまとまらない場合には弁護士に相談をした方が良いです。
私の友人も事故に遭い大変な思いをしたのですが、大変だったのは事故に巻き込まれた後のことで損害賠償のことで揉めてしまい辛い思いをしたと言っていました。
保険会社の人と話をしていると上手く丸め込まれそうになったのでこのままでは不味いと考えて弁護士に相談をしたそうですが、そのおかげで助かったとホッとしていました。

人事・労務のプロフェッショナル
FPをお探しなら山梨県の社会保険労務士事務所へ

自動車を運転していると事故を起こしたり逆に事故に巻き込まれる可能性もあるので十分に注意する必要がありますが、問題はその後のことで的確な対応をすることが大切です。
慌てず騒がず的確な対応を取ることにより惨事を防げる可能性もあるので、何があっても慌てることなく動けるように覚悟を持って運転するようにした方が良いです。

Page Top