前へ
次へ

交通事故は過失割合がとても大事

交通事故というのはお互いが悪いということもありますが過失の割合というのはかなり重要になります。
怪我が多くしたほうが被害者というわけではなく、あくまで大事になってくることがその人の立場とかどちらが優先的な道路であったのかということによってだいぶ変わってくることになります。
ただし一般的に言われているのは交差点での事故の場合基本的に事故の過失割合が等分になるということです。
一般的に言われているのはそうなのですが実際問題としてどちらが圧倒的に悪いというのがわかっているのが交通事故であったりもするのでそういう場合にはさすがに交渉で大きく削られるということはあったりします。
裁判関係で決められることもありますが、保険関係であればその保険会社同士での話し合いということになったりする場合もあります。
意外とこの過失というのがどちらに多くあるのかということは揉める原因になったりすることもあります。
しかし、最近ではドライブレコーダーがあるので少ないことです。

Page Top